漫画

彼に出会う前の終わってる人生ご紹介:おこめびより第1話

 

人生終ってた。

グラパン先生と出会うまでのことを一言で表すとこんな感じです。

 

幼少期

5歳~小1くらいのころ。

近所の男性から性的暴行を受け、それが原因で

幼少期から変に

「私は他人とは違うし、もっと理解のあるオトナである」という

他人への歪んだ見下し意識を持ってしまっていた。

 

まあ、少し成長すると、そのときされたことがどんなものだったか

理解もできるわけで、「私は汚いんだ」と人並みに思うようにもなったし

「人間はゴミ、男はクソ、他人は敵だ」とも思うようになっていた。

 

これが原因の一つではあると思いますが、

その後、成長していくうちに、セクハラだったり

女だから逆らえないだろうと暴力的になる男性と遭遇したり

身体に露骨な視線や、卑猥な言葉を受けることで

「私は日本人の男性と恋愛、または性的関係になる」

ということが気持ち悪いと思うようになりました。

これは完全に差別とはわかっているのだけれど、

今は仕方ないなと思うようにしてます。

まあ困ってないし。いいかなと

 

家庭崩壊

正直言って、うちの家族は機能不全もいいところで、

自分はそこから早く逃げ出したくて10代で家を逃げ出しました。

結果、逃げてよかったと思ってます。

 

現在進行形で問題が発生していますが、なかなか経過良好なので

そのうち描きたいと思います。お楽しみに(?)

 

就職、即倒産

そんな逃げた先の就職先は倒産してしまいました、

朝出社したら、同じく出社した従業員たちが

空っぽのフロアでうろたえていたのを覚えています。

 

なんとか再就職した先も、業績不振を理由に給料が12~10万程度に減給。

業績不振のはずなのに、200時間は超える異常な残業量に気が付きもせず

クリエイティブの仕事ならあたりまえなのだ、

とただひたすら働いていました。

 

この時期は、元来の容量の悪さと受け身体質から

うまいこと先輩とコミュニケーションをとって、

仕事や、業務のコツなどを教えてもらい、楽しそうに働いて

きりの良い時間でさっさと帰る他の従業員が妬ましくて、

嫉妬しまくってました。(ひどい

 

今思うと、本当に馬鹿な行動だったなあと思います。

自分が残る前提だから仕事が終わらないのだし

くだらないプライドなぞ持たずに、先輩やほかの従業員と

コミュニケーションを取ればよかったのです。

 

人と話すと寝てしまう

入社当初から仲の良かった同僚が鬱で退職。

その後から、急激に私自身のからだに変調が現れました。

記憶力が異常に低下したこと。

致命的な遅刻や、急な欠勤が増えるはじめたこと。

一番の問題は人と話をしている途中でも

なぜかストンと眠ってしまう事が多くなり、

先輩社員に叩かれたり、ゆさぶり起されることが続いていたことです。

 

当然、そんな状態じゃ信用も無くすので、

激務のはずなのに、仕事は干されるという異常事態。

 

今はありませんが、この頃は本当に悩んでました。

一度行った心療内科は先生と合わずにそれきりだったので

もっとちゃんと治療していれば、良い結果も得られたかも。

 

この時は、この職場から逃げることを選択して

環境を変えようと転職をしました。

 

地獄のリボ

そもそもの収入が少ないので、

家賃の支払いも危うい状態であるにも関わらず

いらないものをせっせと買い込み、部屋にばらまいて

食べたくもないコンビニ飯や菓子を大量に買い込み

食いあさって吐く日々が続きました。

加えて、実家から「車検が払えないから代わりに払って」

という手紙がきたりするものだから始末に負えません。

 

そして手をだしてしまったのがリボ払い。

これは本当に地獄でした。

限度額いっぱいまで使い込み、毎月返済してるのに

どんどん返済額が増えていく。

完済できたのはほんの3年前(2015年)です。

もうほんとに二度と使いたくありません。

 

ざっくり振り返ってみて

ここまでが、彼と出会うまえの終わってた人生のハナシでした。

 

10代で実家を出てから20代のほとんどは

人生の無駄遣いをしてしまったなと思っています。

 

今は少しでも取り戻すべく、やりたいことをやり

会いたい人に会い、勉強したいことを勉強するようになりました。

それもこれも、今の彼と出会ったおかげです。

 

次の話は「オタク婚活」に行った時のおはなしです

ではまた

ABOUT ME
ナユミ
あなたの日常をそっと応援するデザイナーさんです■アメリカ人パートナーと結婚準備中💍■デザイン/ロゴ/グラフィック/UI/UX/イラスト/漫画/虫食/ビリヤニ/ダルスープ■引きこもり支援活動あねサポnote→https://note.mu/nayumi_ricedays