ビリヤニ

東京都内のおいしいビリヤニ:世田谷ビリヤニハウスで日本一の炊きたて体験「マトンビリヤニ」

歓声がわきおこるビリヤニ

炊きたてに有らずんばビリヤニに有らず

を大切にする、ビリヤニに憑りつかれた日本人シェフ

大澤さんが作るビリヤニ。

美味しさを追求するため、毎回炊きあがりの時間を

計算したビリヤニイベント(ドリンク持ち込み制)

が開かれ、参加者は炊きたてのビリヤニを食べることができます。

 

大皿にどーんと盛られたビリヤニが運ばれ、歓声が上がります!

そしてこれが…

 

 

こうなって

 

こう

 

ものの5分で大皿2枚がカラになりました。

 

今回のビリヤニはマトンビリヤニ。

お肉はホロホロで、余計な臭みもなく、

米は肉やスパイスのうまみを吸って

最高の一品となっていました。

 

店舗で食べるビリヤニは量が固定なため、食べてる途中でもう満足…

おなか一杯で苦しい

 

となることが多いのですが、

ここのビリヤニは好きな量を

好きな分だけ自分で取り分けることができるので、

自分にあった幸せな腹具合で

食べ終えることができるので、

その点も気に入っています。

 

私のビリヤニ経験は少ないものの、

このビリヤニハウスのビリヤニが

 

日本一美味しい

 

と思っています。

 

さながら大家族で食卓をかこむような

この雰囲気は、

ただの店ではなかなか体験できませんよね。

 

ビリヤニハウスのビリヤニは、イベントごとに具材がちがっていて、

マトン・オマール・アナグマといった

 

ビリヤニが食べられます。

一番レアなのがアナグマビリヤニで、

猟師さんから食材が確保できないと出せないというシロモノ。

 

私が今まで食べた中ではこれが一番好きなビリヤニです。

去年のアナグマビリヤニ回の様子

 

一期一会を体感できる

ビリヤニハウスという同名の飲食店も存在しますが、

こちらは世田谷区にあるシェアハウスです。

 

人なつこくて、おとなしいわんちゃんもいます。

ビリヤニハウスアイドル犬のマロンちゃん

 

 

美味しいビリヤニもそうですが、

このビリヤニハウスに集ってくる人達と知り合い、

お話をするのも楽しみの一つになっています。

 

「自分はぼっちだし、誰か一緒に行く人もいないし…」

 

とお悩みの方もいるかもしれません。

 

私は最初、「どうしてもビリヤニが食べたい」

という単純な思いから、

スーパー完全ぼっちでしたが参加して良かったと思ってます。

 

なにせ、日本一のビリヤニと出会えたのは人生の宝だと思っているので。

行動してみるもんですね。

 

とても人気なイベントなので、

毎回競争率が高く

なかなか参加できないこともありますが、

ぜひ一度この圧倒的なビリヤニ

体験してみてください!

 

ナユミ
ナユミ

ビリヤニに一番合う飲み物はコーラだということを学んだのも、ここビリヤニハウスのおかげ♪

 

ごちそうさまでした!

ABOUT ME
ナユミ
あなたの日常をそっと応援するデザイナーさんです■アメリカ人パートナーと結婚準備中💍■デザイン/ロゴ/グラフィック/UI/UX/イラスト/漫画/虫食/ビリヤニ/ダルスープ■引きこもり支援活動あねサポnote→https://note.mu/nayumi_ricedays